2009年の面白かったものをまとめます

毎年まとめているつもりですが、年々縮小傾向です。
2009年のお気に入りになったモノたちです。

◆音楽
「雫」スキマスイッチ

◆テレビ
ドラマ「メイちゃんの執事」、「任侠ヘルパー」

◆映画
ROOKIES〜卒業〜

◆本
「きのう何食べた?」よしながふみ
「容疑者Xの献身」東野圭吾

◆食べ物
熱燗。でももうお酒はやめます。
焼餃子
セブンプレミアムのミントガム
セブンプレミアムの炭酸水
あまっちのエビチリ定食
チェー
サンラータンメン

◆お店
STUDIO CLIP
やっぱりBShopに行きたい。
らかんか

◆俳優
瑛太、小栗旬
佐藤健は豆柴がよかったです。

◆ゲーム
トモダチコレクション
スーパーマリオBros. Wii

今年は2回会社を辞めた。
みんながバラバラになった。
1月に手術をした。
1年間ずっと病院に通い続けた。
1月に腰椎を捻挫した。
5月から秋までは新しい仕事場に慣れるのに必死だった。
初夏にデジタル一眼レフを買った
夏にボルダリングに挑戦した。
11月にフルマラソンに出て完走した。
11月にライブイベントをした。
今年はあまり本を読まなかった。買う数に追いつかなかった。
アジア料理を真剣に食べた。やっぱりバインセオが好きだ。
夜の街を何度も徘徊した。
初めてONE PIECEを見た。
iPhoneは裸族になった。
大晦日はスーパーマリオWiiをやっていたらあっという間に夜になっていた。

生活環境がガラリと変わった年。
多くの人に迷惑をかけ、支えられた一年でした。
本当にありがとうございます。

来年は3月に10kmマラソンに出る予定なので、それまでに少し体重を落とそうと思います。
お酒をやめて、ジョギング再開。
できるといいんですが・・・
この間東京出張した時にパンツを新調したので、そのテンションでいけるといいんですが。

来年は少しスッキリして、健康に気をつけて
またいろいろなことができたら良いなと思ってます。

手術から1ヶ月。

耳瘻孔の手術から1ヶ月で検診に行きました。
耳に貼られたシールはなんとか前日に剥がれました。かさぶたと一緒に。

経過は良好。
摘出したものは良性で、左耳介瘻孔とういう有難い名前をいただきました。

全部切除しきれたのでゼロではないけど再発の可能性は低いとのこと。
病院はもう来なくて良いそうです。
検査から1ヶ月半。

ちょっと痛い事もありましたが、あの膿や痛みや匂いから解放されたと思うと嬉しいです。
患部の形も若干変わりました。

費用も思ったよりかからなかったです。

先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきました〜抜糸

前回までのお話
手術から1週間。抜糸をしてきました。
今まで抜糸といえば、親知らずを抜いた後の抜糸だったんですが、親知らずの時はいつのまにか糸がとれてたんですよね。

今回は絆創膏をはがすことなく1週間を迎えたので、当然糸が残ってます。

痛いときいていたので覚悟をしていましたが、やはりちょっと痛かったです。

皮膚の表面についている深めの傷の痛み。

手術の傷そのものはよくくっついていたらしく、抜糸が済んだら痛みはなくなりました。

何か、テープのようなものを貼られて終わり。

テープに何かスプレーをしてたけど何だったんだろう。そのテープが勝手にはがれたらほっといて良いそうです。

まだ色が変ですけど、もう濡らしてもお風呂に入っても大丈夫。髪を洗ってもしみませんでした。

あとは日が経つにつれ治るんでしょう。

次回は1ヶ月後の検診です。

先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきました〜お風呂

前回までの話。
手術ということなので、少しの間お風呂には入れません。
当日はもちろん、翌日(管抜き)は先生が状態を見て、腫れがひくまではやめるようにとの指示でした。
ただ、首から下のシャワーのみOK。
でもこの時期、寒いんですよね。

髪も手術前日に洗ったものの、2日も経つと気持ち悪い&翌日は仕事だったので、手術後2日目の夜にシャワーで頭を少し流しました。
耳に水がかからないように、ハンドタオルで患部を守りながら。
抜糸まではこんな感じでいこうと思います。
抜糸の後は大丈夫みたいなんですが。

先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきましたその3

前回までの話

翌日は朝から病院に行って、管をとりました。

浸出液は出なくなったわけではなかったみたいなんですが、
大丈夫だろう、ととりました。

患部は少しまだ腫れているようで、お風呂や運動はもうすこし控えるようにと言われました。

今日はちょっと痛かったです。

で、管を抜いたところを埋めるためか、形を整えるためか、液を出すためか、わからないんですが、グイグイ押されました。

これもちょっと痛かった。

でも次は抜糸です。

今日は手術から3日経ちますが、患部を押したら痛い程度。

相変わらず手術した方の耳を上にして寝ます。

手術した側が下になったら慌てて目が覚めます。

病院から処方された抗生剤は今日で終わり。後は良くなるだけです。

先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきましたその2

前回 先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきましたその1

手術ですが、局所麻酔での手術になりました。全身麻酔でやる人もいるようなんですが、それはかなりひどいケースなんでしょうか。場所にもよるのかな?

当日は手術開始の10分前に受付。ちなみに、食事は2時間前までと言われました。

手術室・・・ではなく処置室に入り、髪をまとめて緑色の紙のシャワーキャップみたいなのをかぶります。レーシックの時にかぶったようなやつです。

私は耳の周りの髪が入りきらなかったので、看護士さんに髪をテープで止められました。
「剥がす時が痛いよ〜〜」と言われました(実際、手術の流れの中で、これを剥がすときが一番痛かったかも)

で、靴を脱いで台に横になる。天井には「あのライト」が。

看護士さんがリラックスさせようと、いろいろ話をしてくれます。大学病院なので、若い医師も何人か来て、周囲で和やかに準備をしています。若い医師というのが、みんな女性で、すっごい美人ばっかりなのには驚いたけど。みんな若くて優秀なんだろうなーと思っていたら執刀医登場。登場も和やかに。

いよいよ開始となるわけですが、左耳を上にして寝るために、首をただ横に向けるだけでは痛いので、体の左側にクッションを入れて傾けてくれました。

そこから消毒をして、耳のところだけ開いた青い布をかけられて、麻酔。
麻酔は耳の3カ所に注射されました。もっと痛いと思っていたけど、耳だからといって痛いということはなかったです。

麻酔の効きをチェックしたあと、切除が始まりました。

普通はここで耳の穴に耳栓を入れるようなんですが、部位が穴のすぐ横なので手術の妨げになると判断されたのか、今回は無し。ガーゼでふきながら対応するらしい。

その後は、ゴソゴソ、チョキチョキ、パチン(鋏で切る音?)、「拭いて」という声と押さえたり引っ張ったりする動きが延々。

でも、よーく耳を澄ませると、ラジオみたいなのががかかってました。ジュディマリとかがかかってて、普通は診察中にかかることはないだろうから、これもリラックスできるようになんだろうな〜。結構和みました。ま、その音よりずっと近くでチョキチョキ言ってるんですけどね。
この頃には、緊張はしているものの、横になっていたのでウトウトし始めました。眠りに落ちることはなかったですが、痛くないし、暖かいところでただ横になっている感じ。

切除ですが、袋状の部分は結構大きかったらしく、手間取ってました。袋は思ったより深く、麻酔が効いているか微妙なエリアまで達していたらしい(ここはちょっと痛かった)。周りともくっついていたようで、先生は「剥がれろ〜〜」とひっぱったりブンブンしたりしてました。

大丈夫かよ・・・と心配にはなったのですが、袋状のところも全部とれたようでした。
最後は縫合して終わり。縫合するときに、浸出液が出やすいように管を入れられたらしいです。
今は絆創膏をはられているのでわかりませんが。

絆創膏を貼ったら手術は終了。
翌日その管をとる&経過を診るための予約をして精算。
薬は抗生剤と痛み止めを処方されました。

手術が終わってから2時間もすると痛くなってきたので、即痛み止めを飲みました。

続きは明日。管をとります。

先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきましたその1

今日は先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきました。

先天性耳瘻孔そのものは割と良くあるみたいで。

私は幼い頃から、右にくらべて、左耳の穴の上のところ(ここでいう「胃」のポイントの少し左側の三角形の部分)がふくらんでいるのが気になっていたんですが、高校生くらいの頃にパンパンに腫れまして。

気持ち悪いのでいじっていたら、臭いアカのような、ペースト状のものがモリモリ、にゅるにゅると出てきて痛い(最後には血が出る)。

何度かそういうことがあったので、どうなっているんだろうと耳をデジカメで撮ってみたら。穴。

そんなのあったっけ?どうやら臭いペーストはここから出てきているようで。

だいたい年1〜2回の腫れ〜回復を繰り返すので、昨年ついに耳鼻科を受診。

この現象の名前と、形成外科で手術すればとれることと、穴が2つあることを知りました。

初の炎症から10年くらい経つけれど、いつのまに穴2つ・・・。

近くの形成外科がある病院への紹介状を書いてもらいました。今回は大学病院へ行くことに。

大学病院への受診は12月中旬。診てもらって、無理して手術をすることはないと言われたものの、炎症の起きるペースなどを考えて、切除することに。

翌週にでも手術はできたのですが、休みがとれそうになかったので、年明けに。
で、今日の手術となったわけです。

続き 先天性耳瘻孔(じろうこう)の手術をしてきましたその2

レーシック説明会は行っとくべき。

母親から「レーシック受けたら!!」と電話をもらったのが9月中旬。

そして、説明会に行ったのが、9月下旬。

説明会では、レーシック手術の説明、体験談、簡単な検査、懇親会などが行われ、帰りに適応検査の予約ができた。

と、一口に書いてしまうとこんなもんだけど、懇親会がすごく良い。

周りは初めて会う人ばっかりなのに、レーシック体験者のクリニックスタッフさんや、理事長さんがくると、本当に日本かと思うくらい、質問が飛び出す。他の人の質問の答えを受けて、自分にも質問があったことに気づかされたりする。

私は間歇性だけど、斜視があるのでそもそも受けられるのか?という疑問があって、真っ先に先生にききました。でも、「そもそも自分が受けられるのか?」という疑問を持っている人はとても多くて、それぞれ「特別な事情」を抱えながらも手術を受けようとしてるんだな、と感じた。これまでに受けた人もきっと個々の不安材料を持っていて、それをクリアしてたんだろうな、と思うと怖さはかなり和らいだ。

そりゃあね、目の球を手術するわけだから、最初はみんな怖いよ。

でも、それでも乗り越えよう、「良くなろう」 というパワーにあふれた会でした。

この時に注意するのは、コンタクトを着用している人の場合。

説明会に参加すると、予約を優先的にとってくれるのですが、コンタクトを着用していると、コンタクトを外して角膜の凹みを戻すために、少し先の予約になるようです。

つけているコンタクトの種類によって、外しておく期間は指示してくれます。

私はメガネっ子だったので、すぐに適応検査となりました。

つづく。

レーシック受けてきます

レーシックを受けてきます。明日。

ドライアイで角膜がかなり変形してるらしく、目下治療中。

回復してたら明日決行だそう。無理矢理しても仕方ないから、無理はしません、とのこと。

安全に、確実に手術ができるように考えて治療してくれてる先生がとても良いです。

不安だけど。

さ、寝よう。