備忘録:家庭教師のときにやって効果があったこと

 

 

学生時代〜大学を出て数年の間は色々とアルバイトをしました。

家庭教師もそのひとつで、2人の生徒を持ちました。

ひとりは、勉強することに興味がなく、どうやら親御さんも子供に興味がなかったのでは・・・?という中学生で、残念ながら力及ばず。

もうひとりは親御さんも比較的教育熱心なご家庭の中学3年生。

勉強の「やる気」そのものはないわけではないが、成績にうまく反映されず(底辺ちょっと上レベル)諸事情あって内申もよくない状況で入試直前!というところでの授業開始。

結果的に、内申点の関係で志望校のランクをあげることはできませんでしたが、入試で好成績だったため学内でランクアップして思いもよらなかった特進コースに進学が決まったと後からききました。

そのときやったことは、自分自身でも入試の時に行なっていたことでもあり、誰かのためになるかもしれないのでご紹介します。 続きを読む 備忘録:家庭教師のときにやって効果があったこと

小林賢太郎「KENTARO KOBAYASHI Solo Performance Live Potsunen 2010/2011 The SPOT」

小林賢太郎の「KENTARO KOBAYASHI Solo Performance Live Potsunen 2010/2011 The SPOT」を観に行ってきた。

ラーメンズはDVDや色々なところで少しずつ見る程度だったけど、この間人に勧められてDVDを購入。DVDを見ているついでに検索して見つけたこの公演に行ってきたのでした。鉄は熱いうちになんたらというやつです。

この公演はソロプロジェクト。「ポツネン」というタイトルのとおり、ひとり芝居?コント?が繰り広げられます。

一人芝居といえば、イッセー尾形さん。
大学生の頃にハマって(今考えたらかなり渋い)、演劇部だった友人と観に行ったりしていました。
その後、三谷幸喜を観に行ったり、関西で活動する劇団を観に行ったり。

音楽以外で舞台を観に行くのは3〜4年ぶりでしょうか。。。。

この舞台にはポツネン氏という人が出てきます。
この人は一人でいろんなところに行きます。いろんなことをします。
一人で。
ポツネンっていうくらいだから、一人。
コントのテーマにもどこか淋しげな孤独と、楽しげな孤独のテーマが流れているように思いました。
そんなところに共感しつつ、考えて、考えて、計算しつくされた構成に舌を巻きました。
孤独には共感するけど、絶対この人とふたりきりにされても、話題ないなー。
会話が成立する気がしない。
この人と共通の話題なんてないんだろうなー。
ステージの孤独な男からも突き放されて孤独な気分に。
この人は孤独を選んでんのか・・・そうか・・・。

そんな気がしつつも、考えぬかれたネタはとびきりクールで、カッケーのです。面白かった・・・。

カーテンコールでは、「今、東日本がピンチです。西日本のみなさん、出番です!」と。
チャリティ商品として過去の公演のグッズが販売されていました。ゲットできんかったけど・・・。

こんなにクールな笑いを、したり顔で、どや顔で粛々と続けるこの優等生にイラッとするんです。
優等生なんて嫌いや・・・
でも、かっこいいから、好きや・・・。

夫が「片桐仁なら行くのに・・・」と言ったため、今回はラーメンズのDVDを最初に見せてくれた友人を誘って行きました。
ラーメンズ好きと一緒に行けてよかったよー。ありがとー!

そんなこんなで、小林賢太郎TVのBOXとラーメンズのDVD-BOXを大人買いしたのは秘密。

また行こう。こんどはラーメンズも見たい。
この優等生野郎も見たい・・・。

第2回関西アンカンファレンスに参加してきてめっちゃ楽しかった話

1月8日、第2回関西アンカンファレンスに参加してきました。

アンカンファレンスってなんぞやという方はこちらの記事がわかりやすいです。

IT アンカンファレンスをやってみたい – IT戦記

発表したい人が話し、聴きたい人が聴くという勉強会です。

第1回というのが開催されたのは知っていたのですが、レポートを見てなにそれガタガタッってことで初めて参加しました。

会場は兵庫県立大学

神戸のハーバーランドセンタービルにキャンパスがあります。

ここがすっごい便利でスタイリッシュ。

アンカンファレンスで開催されたセッションは次のような感じ。

第2回関西アンカンファレンス セッション一覧

とはいえ、この枠も朝イチの時点ではスカスカです。後になるたびどんどん埋まって満杯になるのです。

しかも、このセッション一覧のwebページもアンカンファレンスの進行と同時に出来てゆく凄さ。

かくいう私も、話したくなって、話してきました。

という話は後にして、私が参加したセッション(@以降は発表者のtwitterアカウント)

通常発表は15分、短枠は8分

中講義室1-1     やさしいjQueryの使い方     @kamiyam さん

中講義室1-2     「俺のデスクトップがMacに負けるわけがない」     @nia_works さん

大講義室1-3     ssh公開かぎにんしょう     @Ten_forward さん

大講義室2-2     Webサービスと言語について     @griffim374 さん

大講義室2-3     「伝わるプレゼン」のつくりかたのヒント     @shokuto さん

大講義室3-1     セキュリティをもっと楽しく!!     @ym405nm さん

大講義室3-2     wordpressのプラグイン作りました     @hare37 さん

大講義室3-3     新感覚のURL短縮サービスを作ってみた    @mzsm_j さん

大講義室短1     Gmailはショートカットでサクサク使おう     @msng さん

中講義室短2     Excelやるよ。Web屋さん向け (コーダー、デザイナー)     @ricochin さん

中講義室短3     wordpressで自分好みのテーマを作る (初心者向け!)     @uemera さん

中講義室短4     ←2枠希望!(1枠でも可)     @uemera さん

中講義室短5     Googleで始めた風評調査     @cowappa

大講義室短6     Emacsデモ     @tomoya さん

大講義室4-1     「いつか役に立つかもしれないマーケティングのあれこれ     @keko さん

大講義室4-3     ライブストリーミングあれこれ ニコ生とか ustとか ステカムとか     @GoaRICK さん

中講義室5-1     非デザイナーがデザイナーっぽい思考をするためのツボ     @miki7500 さん

大講義室5-2     iPhone関係で作ったとか     @shin1x1 さん

大講義室5-3     要求開発について     @ntaiji さん

1日でたくさんの人の発表を聞きました。

仕事関係でものすごくためになるなと思ったのは、

  • 2-3 伝わるプレゼンのつくりかたヒント
  • 5-1非デザイナーがデザイナーっぽい思考をするためのツボ
  • 4-3ライブストリーミングあれこれ
  • 4-1 マーケティングのあれこれ

あたりでしょうか。

個人的にすげー!と感動したのは

  • 3-3 新感覚のURL短縮サービス。
    日本語ドメインをURL短縮に使おうという試みで、単に短くするんじゃなくて
    せっかく日本語なんだから説明ごと短縮URLにしちゃおうぜ!という発想に目からウロコ。
    http://つい短.jp で利用できます。
  • 短1 Gmailのショートカットキー
    すぐにGmailのショートカット集を保存して見ながら使い始めてます。

あと、コレも聴きかったな~というのは、

  • 美味しそうに写真をとる(テロ用)
  • バビロンシステム

面白い発表ばかりでためにもなるし、個人的にも仕事でも役立つし、話し手、聴き手としても勉強になる1日でした。

施設もきれいで、快適に過ごすことができました。

そんなわけで、会場からの景色はこんな感じ。

IMG_1363

IT系の業界にいた頃にはまったくこういう会に参加もせず、

仕事でかかわりがあるものの、少し距離を置いてから集まりに参加するようになったのですが、

なんで私、ITにいた頃に参加しなかったんだろう。。。。

当時は言われたものを作ることしか考えてなかったなぁ。

主催者&スタッフの皆様、ありがとうございました!

参加者の皆様もありがとうございました!

第2回関西アンカンファレンスを2011/01/08に開催します – shin x blog

兵庫県立大学

発表した件については別途書きますー

iPodで英会話、と言われてやってみた

最近の勉強法のキーワードにあるiPod×英会話。

英会話の勉強もすることないだろうなーと思っていたのですが、ハワイに行く前に英会話のソフトをiTunesで買ってこっそり聴いていました。

高校生の頃、受験英語ばっかりアホみたいに勉強していたおかげで、常に成績はよかったんだけど、資格やスコアは英検2級しか無し。(TOEFLは大学入学時に受けたけど燃え尽きた後だったので450点くらいしかなかったと思う)

すっかり燃え尽きて英語力も落ちていたんですが、簡単なリスニングソフトだけでも良い耳慣らしになって、旅行中は助かりました。ちなみに、私が買ったのは岩村圭南さんのものです。イングリッシュビタミンも気になります。

近い目標として英作文の能力が読解力に近づくところまで持って行きたい。

関連リンク:iTunes “外国語を学ぶ”