スキャナを買って自炊を始めました

 

タイトルの通りなんです。iPad2を買って、しばらくは動画を見たり、ネットをしたりするのにひとしきり使ったのですが、やっぱり本を読みたいということで、買っちゃいました。

IMG_4853

こんなにものが多くて散らかっている我が家でも、置ける、小さくていい奴です。

続きを読む スキャナを買って自炊を始めました

iMovieすごいっていう話。

仕事では目的地に向かうためにいろんなツールを使います。

Twitter、Facebook、Web、エプロン、ホットプレート、写真、もろもろ、もろもろ・・・

その中でムービーを作るというものもあって、小・高・大とそれなりに放送関係の部活や実習に携わってきただけあってそれなりに作ることはできるんです。

ツールの使い手としては。

中身はねー、うーん、イマイチ。

編集はほめられたこと無い。

仕事だからっていうのも大きいかもしれない。

そこで、自分の好きな人達を出演者にしてムービーを撮って、iMovieで編集してみた。

これがすごくいい。

作る過程も楽しければ、出来上がりも超楽しい。

見て見て!どう!?ってたくさんの人に見せた。

これがなぜなのか分析してみた。

続きを読む iMovieすごいっていう話。

関西ライフハック研究会女子部でUstreamしてきました。

私がプライベートで参加しているゆるい勉強会のような集まり。

「関西ライフハック研究会女子部」

ここではスタッフとしてUstreamの配信を担当しています。

これまで、なかなか配信がうまくいきませんでした。

・音声がきこえにくい
・配信が途切れる

このあたりが毎回つまづいていたところ。
周囲の方々のアドバイスで今回フルで途切れず配信するのになんとか成功!

やったーやったー!
ということで、忘れないうちに記録。

当日のアーカイブはこちら。
http://www.ustream.tv/recorded/20361847

続きを読む 関西ライフハック研究会女子部でUstreamしてきました。

iPad2がやってきた

iPad2を購入した。
初代iPadは会社からの貸与でテスト使用させてもらっていたので、使ってはいたけど所有はしていなかった。

2が出たので、会社のは返して自分用に買いました。

Wi-Fiの16GBモデル。白。

家以外ではあんまりネットにつながりません。
それってとても不便かと思ったけど思ったより便利。

< 何に使っているか>
・i文庫HDをDLして、名作の読書
カフカやホームズを読み始めました。読書苦手な子供だったので、名作も初めて。
新鮮だし、面白い。

・jubeatでリズミカルもぐらたたき
気に入った曲のパックを買って遊んでます。
アーケードの感じと近いので楽しい。

・ブログの更新
こうやって、Wordpressアプリで更新してみたり。

・ムービーを見る
バンドの練習をiPhoneで撮影したものを編集iPadに取り込んで見たり、
MacBookのiTunesに入っているムービーを取り込んで見たり。
画面が大きいのでいいですね。
TEDという教育用アプリで講演を見たり。

・ノートをとる
Noteshelfというアプリでノートの手書き実験。
仕事で使えるようになるといいのですが、自前のiPadは仕事で使わせてもらえそうにありません。

< これからやりたいこと>
・演奏
iPad楽団やってみたいですよね。

・ムービー編集
せっかくiMovieがあるので、iPadで作った映画とか、やってみたい。

・いろいろアウトプット
ここ数年、自分からのアウトプットが少ないので、もう少し出していきたいです。

・外国語
iPhoneと合わせて語学の勉強をしたい。

せっかく安くない値段でいいものを買ったので、色々やってみたいです。

MacBookをMacBookProに買い換えた

先日、3年ほど使ったMacBookからMacBook Proに買い替えました。

きっかけは実家でパソコンが必要そうだったのと、もう少し色々ストレスなくできるようになりたかったから。

MacBookの買い替えだけの予定が、TimeCapsuleも購入したのでそちらも。

*先輩たち

先輩たち

以前使っていたのは黒いMacBook(1997 later)。

無線はAirMac Extremeを使用していました。

*新入りたち

新入りたち

今回導入したのは

MBP13′

Time Capsule(1TB)

Apple CareとOne to Oneもつけてしまいました。

*お約束

開封。

MBP開封!

箱をあけたらいきなり本体が現れます。Appleと任天堂の梱包はいつも関心します。

付属品もキュートに詰まっています。

詰め方がキュート

*比較

同じインチ数のはずなのに箱の大きさがぜんぜん違う。

同じインチでも箱の大きさが違う

厚みがこれまた違う。

新旧厚みの比較

重さの違いはちゃんと体感できるレベル。

センパイと新入り

並べてみるとモニター輝きの差がわかります。

*データ移行

毎度のことですが、Macどうしなのでデータ移行は書くまでもないような簡単さ。

今回はLANケーブル2台をつないで行いました。

*AirMac ExtremeからTime Capsuleへの移行

これも簡単でした・・・。

WANポート、繋ぎかえるだけ・・・。

しかし、今回は無線LAN+1TBということで、ゲスト用と家族用のネットワークを分けることに。

単にネットワークとパスワードを分けただけですが、

こちらはAirMac設定アシスタントで。

設定が済んだらMBP側の「システム環境設定」でTimeMachineをONにするだけ。

初回のバックアップに時間がかかりますが、後はお任せ。

*何が変わったか

軽くなった

電池のもちが良い感じ

iPhoneとの同期も早い?

以前からOSは最新を使っていたのでそんなに変わりはありません。

Growlの設定を少し変えた程度。

*困ったこと

iPhoneを同期させるときに「もう5台パソコンと認証しちゃったからもうダメよ」ってアラートが出て最初同期できなかった。

旧MacBookで同期を解除したのですが、調べないとわからなかった!

ヘルプでも見つけられず、こちらを参考にして解除しました。

iTunes Store の認証と認証解除について

http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=93014-ja

*先輩たちはその後どうなったか

実家に設置されました。

実家、ケーブルTVをひいているので無線でもとても速い。

自宅よりも。それがちょっと悔しい。

しかし、おかげでまだまだ現役で使えます。

主婦でもできるDJ講座!?

先日、AMNさんの企画で、PC用DJキットをいただきました。

誰でも今すぐDJになれる! DISCOVER DJ!!

以前からバンドをやったり、ラジオ番組や映像を作ったりという制作には授業や趣味で携わってきたのですが、DJというのは未体験で。

すっごく興味はあったんです。だけど、すっごくお金がかかりそうだし。

レコードめっちゃ持ってないといかんとか、CDめっちゃ持ってないといかんとか・・・

パソコンの中にはたくさん音源があるのに・・・・

そんな私に舞い降りた1台のマッシーン。

IMG_0738

どーん

IMG_0739

裏側どーん

えー、これはION Audioの DISCOVER DJ という商品です。
http://www.ionaudio.jp/products/discoverdj/

中はこんな感じ。

IMG_0743

本体と、説明書と、ディスクが入っています。

実物を見るのは初めてだったので、大きさにびっくりしつつも、設置してみました。

IMG_0745

対面キッチンのカウンター。。。

そしてソフトウエアをインストール

IMG_0748

どーん

すると、シリアルナンバーの入力などを経て、使えるようになります。

IMG_0750

こちらが実際の画面。

このソフトでできることは、

・iTunesをミュージックライブラリとして使用できる

・2つのチャンネルに曲をロードしておいて、ホンモノさながらにDJプレイ

・両チャンネルのテンポを合わせたり、スクラッチもできる!!

まさにホンモノさながらです。

iTunesのアイコンからディスクが消えた今、これからのDJはこういう形になるんでしょうね。
ってもうなってるものなんでしょうか。

曲のキューとか、フェードなんかは手元のコントローラーがやはり便利。というか不可欠。

実際、技を極めるとものすごいこともできそうなのですが、
初心者の私にはうまく曲をつないだりできるだけでかなりご機嫌な感触でした。
敷居が高いと思っていたDJがこんなにお手軽に。

昔ながらのDJさながらについているふたつの円盤は飾りじゃないぜ。

IMG_0752

さあ、あなたもレッツDJプレイ。夢が広がります。

これからやりたいことはGarageBandで曲を作って、それでDJをやってみること。

実現したらまたブログ書きます。

安上がりにMacでUstreamを始める方法

先日、Ustreamで初めて中継をしてみました。

機材などにお金をかけられなかったのですが、それなりにキレイにできたようなので機材を記録。

ちなみに、Ustしたのは友人のライブ。15人ほど入ったらギュウギュウなライブバーで行いました。

小さいハコ&カメラ固定でやる前提です。

◆マシン
MacBookの黒です。OSはバージョン10.6.4 2.2GHz Intel Core 2 Duo メモリ 2GB

◆カメラ
ELECOM Webカメラ 300万画素 UCAM-DLY300TABK

電器屋の店員さんと相談して、「Macで使えるWebカメラでいちばんいいやつを!」ということでおすすめされて買いました。
5000円くらいでした。今回、機材として買い揃えたのはこれくらいです。これは付属のものではない2mのUSBケーブルに接続、そのままUSBポートへ。
実際使ってみるとうまくピントが合わず、暗いところでは画質もイマイチ・・・。そりゃそうですよね。
だけど、軽量でそれなりの画質が出るので、HDのビデオカメラをUst用に買おうと考えている人は、一度検討しても良いかもしれません。固定しやすいから三脚もいらないし!

◆マイク
SONY ECM-719 エレクトレットコンデンサーマイクロホン

今回はライブということで、マイクを入れました。これは学生時代から使用しているものですが、ピンマイク程度の大きさで音楽・声の録音に適しているこれをひっぱり出しました。ライブの録音用によく使っていたので、手馴れたもんです。音声はこれでじゅうぶんいけました。これはカメラの下にある壁の掲示物にクリップで固定。そのまま音声入力端子へ。

今回、画質があまりよくない割にちゃんと届いてるよーとコメントをもらえたのは、音をちゃんと伝えられたからだと思う。

◆使用したソフト類

Camtwist テロップや画像のオーバーレイをするのに使用(2)

FLash Media Live Encoder 高画質で配信するために使用 今回のカメラではあんまり意味なかったかも・・・(2)

Ustream (Web) 配信用(1)
Broadcasterは使用せずにWebから配信しました。理由は、音声配信をところどころ停止したかったから。
モニタは停止にして、Ustreamの配信画面で見ながらツイートしたりしていました。

夜フクロウ 通常ツイート用。Ust上のツイートにきたReplyなどに使用していました。(3)

テキストエディット ライブだったのでセットリスト確認用(4)

これらのアプリ類をSpacesで各画面に割り当て、切り替えながらテロップを変えたり、音声配信を停止したり、ツイートしたりしていました。Spacesめっちゃ便利ー!と初めて思いました。ちなみに()内の数字が割り当て画面。

次はもうちょっといいカメラでやってみたいなーと思い、こんなものも買いました・・・

KEIAN KEIAN DVD MAKER2 K-DVD MAKER2

つないでみてみたら、意外とGR-DIGITALがつながったりするんですよね・・・画質は良くないけど。

高画質化は今後の課題です。高画質化すると機材が増えて荷物が重くなりそうなのでちょっとためらっています。

◆その他
とりあえず、実際に使ったのはこれだけなのですが、他にあってよかったものを紹介。

・各種ケーブルは長めを用意しておく。
今回の会場は有線LANを使用させていただけるお店だったので、LANケーブルは長めに持って行きました。小さいお店なので2メートル程度でした。実際はケーブルごとお借りしたので、そんなに困ることはありませんでした。

カメラは会場が用意しているカメラ専用乗せ台に置かせていただきました。客席の頭上にある台なのですが、結構高さがあるので、Macからカメラまでの距離が長め。USBもカメラ付属のものとは別に2メートルのものを持って行きましたが、真下にMacごといないといけない事態に。せめてもう1メートルあればよかったです。

ちなみに、Macの電源ケーブルも長いバージョンで、延長コードも持参しました。

・カメラやケーブルを固定するもの
これは養生テープなどがあれば基本OKですが、糊がつくのが心配であれば、針金やモールがあると良いです。今回はカメラを乗せ台に固定するのに針金で巻いてもらいました。

◆思ったこと

画質は良いにこしたことがないが、音声がちゃんと伝わると、けっこう向こう側に伝わる。
画質にこだわる場合、会場の明るさはチェックしておくべき。
webカメラもけっこうオススメ。荷物が軽いのは良い。重くてハードル上がるよりは、気軽に始められる。
有線インターネット、やっぱり最強。

==ゆるーくそこそこの画質で==やるためのセット

ELECOM Webカメラ 300万画素 UCAM-DLY300TABK

SONY ECM-719 エレクトレットコンデンサーマイクロホン

Twitter環境まとめ

最近はmixiのことなんてすっかり忘れぎみで、
どっちかというとblogへ比重が傾き
Twitterが花ざかりです。ご多分に漏れず。

最近なんとか環境が落ち着いてきたので、こちらでご紹介というかまとめ。

家で個人アカウント見るときはMac専用クライアントの夜フクロウ
これはタブ切り替えがあって操作がシンプルなので、使っています。
もう、これかwebかどっちかです。

仕事で使っているアカウントを見るときはHootsuite
もしくはTweetDeck(Hootsuite落ちたとき用)
たまにHootsuiteが落ちてしまうので、webとの3本立てで備えています。
Hootsuiteはスケジュール投稿ができるのがアツい。
そして仕事で使うのには今のところ最強ではないかと思うタブ&カラム構造。
複数のアカウントとたくさんのキーワード検索カラムが走っています。
しかもwebなのでどこからでもアクセスできるので便利。

iPhoneからは全部のアカウントをTwitbird Premiumで見ています。
Hootsuiteで追いかけているキーワードも拾えるし、個人用で見ているリストも見られるし、良いです。
好きな写真をTLの背景画像に指定できるのもポイント高い。
(ちなみに今は個人アカウントは某イケメン俳優さんの写真を背景にしている)
しかし、重たいんですよねー。よく落ちるし・・・
でも他のクライアントに変えたりするのは考えられないんですよね。なんでだろ。

RSSリーダーはGoogle Reader。
iPhoneではBylineを使って読んでいます。
今はたくさん無料の良いリーダーが出てきているので無理にはおすすめしませんが、
導入当時は感動しましたよ。
それにReader2Twitterを組み合わせて、RSSリーダーからもTwitterに投稿できるようにしています。これはwebからもBylineからも使えるのでおすすめです。

あと、ブログの更新通知もtwitterに流すようにしています。
投稿したURLをはてブに流すようにもしていましたが、それはやめました。
色々あって。。。

<参考>
家のパソコンは、MacBook3,1(黒いヤツ)OS10.5.8
仕事場ではWindows XP。
ブラウザはどちらもGoogle Chrome

今の私にとってtwitterとは、
備忘録であり、ブックマークであり、記録であり、ネット上の交流の中心です。
最近、リアルも含めて多くの方とやりとりするようになったのはtwitterのせいです。
まーいろいろありますが。

使っているパソコン周りを記しておく

マシン:Mac Bookの黒 2.2GHz Intel Core 2 Duo
HDD:160GB
メモリ:2GB
OS:10.5.6

ブラウザ:FireFox
アドオン:Fast Video Download、Google Desktop Search、Google Toolbar、Hatenabar、Pearl Cresent Page Saver、Web Developer

メール:Mail

スケジュール:iCal

テキストエディタ:mi

FTP:Transmit

コミュニケーション:iChat、Skype、IP Messenger

その他:Dropbox、iPhone 3G

デスクトップはこんな感じ。ほとんど何も置いておりません。デスクトップ

iPhoneもチラみせ。

img_0015