パンツェッタを作った

この間、パンツェッタなるものを作ってみました。

マイミクさんが日記に作り方を載せていて、パンツェッタ自体何かわからなのに作り方だけで「なんかうまそうだぞ!」と思ってつい。

フォークで穴をたくさんあけた豚の三枚肉の塊に
塩(私は伯方の塩を使いました)、ローズマリーを すりこんで、冷蔵庫へ。

肉の水分が抜けるよう、傾けると良いときいたので、ステンレス製のフライ返しを敷いて傾けました。

とりあえずそのまま冷蔵庫で1週間。毎日様子は見ましたが、基本的にそのまんま。簡単にできました。

いろんな作り方を見てみたんですが、いちばん手抜きだったかも。

だってさー、ビチット売ってないんだもん。
本当はあったほうが良いんだろうけど。

うまくいった秘訣は、我が家の冷蔵庫がほぼカラッポで、風の吹き出し口前にずっと置いておけた事なんじゃないかと思います。

かなり塩を使ったので、大きく切ったら辛かった・・・。

チャーハンや炒め物に入れて楽しみました。
次はカルボナーラとかしてみたい。

作る時間、使うために料理をする時間と余裕がある方におすすめです。

置く・休ませる―時間がおいしくしてくれる料理をつくる (天然生活ブックス)にも詳しい作り方が載っているようなので読んで、本格的にやってみたい。

カレーを忘れてた!

連日の暑さにすっかりやられぎみです。

暑いと食欲もあんまり・・・

そうめんもそろそろ底をついてきたし。飽きて来たし。

何か忘れてないか?食べ物。

そう。カレー。

すっかり存在を忘れていました。せっかくル・クルーゼ があるのに勿体ない。

冷蔵庫にあった肉&野菜を満載したカレーを作りました。しかも甘口!

お肉は豚肉(お盆の帰省関連でゲットした高級牛肉はさすがに気が引けた)。

野菜はじゃがいも、にんじん、タマネギ。
にんじんを半分すりおろして入れたら、 ルウを入れる前から煮汁が黄色くてビビリました。
ルウを入れて混ぜてから、斜め切りにしてカリカリに焼いた茄子を入れました。
この茄子が良かった。

茄子を後から入れて、なおかつカレーに馴染ませるっていうのは、ちょうど直前に見たぐっさんと江角マキコの料理番組からのアイデア。

江角マキコが料理をしてると、何故か燃えます。
負けられんて思うのかな。自分でもできそうなような気になる。
グータンヌーボ の思わぬ影響でしょうか。
江角さんについての印象の深層はさておき、料理したくなる番組ですよね。

やっぱりカレーは定期的に食べないと、と思ったのでした。

シェーカー振ってみた。

家でお酒を飲まないのに何故かあるシェーカー 。(自分の結婚式の2次会で夫が当てた景品)

折角なので振ってみました。

お酒といえば、昨日とある打ち上げで飲み過ぎたし、そもそも家では飲まないし、ノンアルコールカクテルを探しました。

ここのレシピを参考に作りました。カフェモカ!

ちなみに私のレシピはこんな感じ

  1. 牛乳 150cc
  2. インスタントコーヒーの粉(確認したらBlendyでした)ティースプーンに2杯
  3. ハチミツ 適量
  4. 氷 小さめのものを5個くらい
  5. 1〜4をシェーカーに入れて、降る。氷の当たる音が小さくなるまで。

材料としては普通のカフェラテかカフェオレってところなんですが、クリームも使わないのにクリーミーに泡立って、普段ホットで作っているコーヒーよりも美味しかった!

シェーカーも振ってみるもんですね。作る過程も含めて、贅沢な時間でした。

せっかくカウンターキッチンなんだから、バーみたいにしたいな。