炭水化物抜きダイエットを止めたら痩せた話

昨年から今まででジワジワですが4kgくらい痩せたので、レポートします。
美味しいものが食べられるところで働いていて、太った!
2年半くらい前に転職しまして、何かと美味しいものがあるエリアが職場になったこともあり、
美味しくて食べていたらじわじわ太りました。
内臓脂肪も気になるー!ということで、ついに始めたダイエット。
ダイエットといえば炭水化物抜きだよねー
というノリで、手始めに炭水化物抜きを始めました。

しかし、痩せない。
結局、炭水化物抜きをやめたら痩せたという話。

炭水化物抜きを続けていたころ
サラダをたくさん食べ、お肉のお食べ、炭水化物以外中心の生活。
痩せない、減らないどころか。。。という生活の中で
お仕事で出会った痩身系のエステサロン。
分析をもとにダイエットプランを立てるのが特長ということで、
せっかくなので自分もやってみようと思い、やってみたのが、
DNA鑑定。

痩身系のエステというだけあって、ダイエットに関係のあるところを調べてくれました。
たとえば、なにを食べると太るリスクがあるか、どんな運動が合うか、等々。
口の中の細胞をとって待つこと約1ヶ月。
(その間も地道に続けていた炭水化物セーブ)
わかったのは、自分にとっては
炭水化物(糖質)はリスク低。診断を細くしてくれた管理栄養士さん曰く、
炭水化物は必要ということでした。

炭水化物食べないと燃えないよ!痩せないよ!ってことなんだそうです。
その代わり、油分はリスク高。
タンパク質は脂肪燃焼の前に消費するから、どんどん食べなきゃダメな体質。。。

これを具体的な食事でイメージすると、
お肉は脂の少ないものを、お寿司は週1でもいいから食べてね!
糖質が大丈夫なので、甘いものは大丈夫だけど、油はやめたほうがいいので、
洋菓子より和菓子を選んでね。
というようなアドバイス。
これは、糖質、脂質、タンパク質のどれがリスクが高い(太りやすい)かを診断してくれるもので、
人によっては、全部低リスクになる人もいれば、全部高リスク(どれを食べても太る)という人もいるそう。

私の場合、
糖質 →低
脂質 →高

タンパク質 →中(ただし、筋肉はつきにくい)
という結果で上記のようなアドバイスになったということ。
確かに、炭水化物セーブしても、体重が減るどころか、
体が冷えてとにかく調子が悪かったんですよね。

油に関しては、合わない油を食べるとすぐに具合が悪くなる。
これは、遺伝だったんですね。。
ということで、炭水化物をちゃんと食べ、
油は控え、肉と魚と大豆や発酵食品を食べ
・・・つまり、食べているものの質を変えたところ、

少しずつ体重が減りはじめ、約 5ヶ月で4.5kgの減。

炭水化物抜きが鉄板と言われていますが、ひとによって顔が違うように、
本当に自分に合ってるのか考えてから始めてもいいかもしれませんよ。

食事を気にし始めてからはスマホアプリにモロモロの管理をお任せしておりました。

その話はまた今度書こうと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です