iPad2、スタジオ編

iPadをスタジオ練習に持って行った。
市販の譜面を自炊して使うメンバーがいるので、参考にするためでしたが、新しい使い方を編み出した。
ギターを弾くメンバーが手書きで書いてきた歌詞とコードだけの譜をiPad内蔵カメラで撮って、写真アプリで見ながら演奏…。
スタジオが暗くてまともな画質にはなりませんが、その場にいるメンバーで共有しながらの演奏がすぐにできて役立ちました。
市販の譜面とか、あんまり大っぴらにやってしまうと問題なのかもしれませんが、実用的でした。

新しいベースを買った

私はバンドでベースを弾いたりもしているのですが、

これまでずっと、10年以上弾いていたのがFenderのジャズベース。

最初に組んでいたバンドの最後のライブで一部壊してしまったのをやっと最近修理したのです。

その時、楽器屋さんにとてもお世話になったのですが、修理ついでに(?)買ってしまいました。

新しいベース。

ARIA SWB-LITE SPL OAK|アップライトベース

アップライトです。アップライトベースというと、なかなかわかってもらえない楽器屋さんもあったのですが、いわゆる「サイレントベース」というやつです。

以前、一緒にバンドをやっていたことのある方の紹介で買いました。

今朝届きました。

IMG_2433

でかい。長い。細い。

ずっと愛用のベースとケースで並べてみると↓こんな感じ。

IMG_2432

長さの違いがよくわかる・・・。

長さはあるけど、その分細いので軽いのが特徴です。

早速弾いてみていますが、もっと苦労するかと思っていたのにこれまでジャズベースで弾けたものはだいたい弾けますね。これは嬉しい発見です。

ちなみに、どうしてこんなものを買おうかと思い立ったかというと。。。

以前、くるりのベースの人なんかが弾いていてカッコイイなぁと思っていたのですが、決め手はコレ。

この曲のライブ映像を見たらアップライトを使ってたんですよね。(普通のジャズベースでやっているバージョンもあるようです。)
せっかくなので、自分もこのベースで演奏したみたい!と思ったのです。

ちなみに、今のバンドはポップス(スキマスイッチのカバーバンド)なので、買うときに「ジャズでもやるんですか?」と訊かれました。
そう言われてみると、やってみたいです。

どなたか、ジャズバンドやりませんか?

10代の頃に出会ってよかったひとつの言葉

高校生くらいの頃、
テレビでやっていたインタビューのコーナーで、

「あなたにとって、カッコいいとはどういうことですか?」

という主旨の質問に

「身の程を知ること」

と答えた人がいた。

その時に興味を持っていた人物だったこともあるけど、その人の人となりや活動を知っていて、その言葉には説得力があった。

10代の私には衝撃的で、それ以来、自分を鼓舞するときも、戒めるときにも自問自答に使う数少ないテーマになっている。

ちなみに、この言葉の主は石野卓球さん。

今だから思う、10代の頃に出会ってよかった言葉。

奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。

梅田のルクアにお店が出来、ずっとこの会社のことが気になっていたので読みました。奈良にある中川政七商店の13代目社長のおはなしです。

会社の仕組みや改革についてうまくまとめられています。

ブランディングやデザイン、製造&小売に携わる人にとってはこんな考え方の人と働いてみたいと思うんではないでしょうか。

製造、流通からデザイン、コミュニケーションはもちろん、自社が置かれている業界の行く末まで考えた参考になる本だと思います。

話の抽象化、具体化、説明や考え方の説明が秀逸で、この人自体がデザイン的な考え方に強い人だとよくわかります。

自分に置き換えて活かせそうなところ

★仕事の改善
仕事を改善するとき、今やっている作業レベルでの効率重視ややっている意味の整理をしたりすることが多いですが、「そもそもどうしてその仕事(業務や作業も)」をするのか?本質的なところを捉えて組立て直したいと思いました。

★ 私たちにとってコアって何か?
仕事の中でコアに近い部分は近いほど内製化を、という考え。私自身もメーカー勤務なので、どこがコアか?どこがコアではないか?コアの部分でも納期の問題で外部にお手伝いすることはありますが、 そこは出来る限り内製化して、人を育てたい。最強のデザイン、マーケティングのチームができるんじゃないのか?それって一番の財産じゃない?と、今やっている仕事への可能性を感じました。

そのためにやるべきことは・・・まだ全貌は見えていませんが山は高そうです。

まずは仕事の意味合い、位置づけを考えて組み立てること。

 

★自分の人生を豊かにすること
人間、限られた時間でできる物量って限られてます。同じことを同じようにやったら質もそこまで変わらないでしょう。 でも、何をやるか?どうやるか?そこはセンスの問題。センスを磨きつづけること。仕事だって自分の人生を豊かにするための手段のひとつであり、自分の人生の一部だもんね。魅力的な人生にするため、仕事とそれ以外が相互に刺激しあって生きられたらいいなぁ。人生の時期によって仕事って何?っていうのが、外で働くことじゃなくなるかもしれないし・・・戦略的に考えていきたい。

 

奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。