AVATAR観てきました〜

今更感もありますが、超人気の映画「AVATAR」を観てきました。

ココエ尼崎のMOVIXにて。

映画はとにかく長かったと思います。3Dも酔いました。

でも、それを補って余りあるほど面白かったです。
ストーリーはベタで、ドキドキ、ハラハラあり、ロマンチックあり、ドンパチありでまさに娯楽大作。
一緒に行った夫によると、アメリカではこれを見た人の自殺が多いんだとか?
なんだかわかるような・・
なんとか、時間を作って見に行けて良かったです。

http://movies.foxjapan.com/avatar/

食事に“美味しい”は要らない?

「食事に“美味しい”は要らない?―ガソリン補給のためだけに食べる人々」
http://diamond.jp/series/izumiya02/10009/

――昼食は、いつも同じカップ麺を食べていた。

――毎朝、同じファミレスで同じモーニングセットを食べ、昼は数か所のランチを延々とローテーションし、夜はいつもコンビニ弁当を食べていた。
このように、「同じもの」を延々と食べ続けるような食生活になっている人が案外少なくありません。

 このような食生活を続ける人にとって、食事はいわばガソリン補給のようなものになっていて、その都度「何を食べようか」と考えること自体が面倒に感じられるので、メニューが必然的に固定化してしまうようです。

うーん、うちの家とかそんな感じかもしれないです。
その代わり、「ここぞ」という時にはめっちゃ美味しい店に行きます。
食べること自体は好きなのです。

厄払いしてきました。

厄年ということで、早速厄払いしてもらってきました。
神戸市は阪急六甲にある六甲八幡さんにて。
お参りに行った翌週が厄除のお祭りということで、1週前のその日はものすごく空いてました。

おみくじやお守りを置いているところに女子高生が若干群がっていましたが、
女子高生がおさまるのを待って、神社の人に祈祷のお願いをしました。
すると、「今、祈祷中の人がすぐ終わるから少し待ってて」と言われて
すぐに祈祷開始。
で、あっという間に終わりました。

終わった時にいただいたのは厄除の矢、お守り、冊子、お札、くず湯。
くず湯は飲みましたがあんまり美味しいもんじゃない。
とりあえずお守りは持ち歩くようにしておきました。

いやー、厄っぽいこと早速起こってますよー。
生まれて初めての低温火傷。
柱に頭をぶつけてたんこぶ。
熱&頭痛(ちなみに昨年はこのタイミングで牡蠣にあたった)

家族にも何か起こりやすいっていうので、気をつけなければ。

今年はバンドも2つに増えて(?)、盛りだくさんになりそうです。
厄なんて気にしてる暇ないくらいになると良いんですが。

厄年だそうです

今年は前厄の年なんだそうです。
周囲の人にきいてみると、厄年に厄払いしてもらうと、自分には何もないが家族や周囲に何か良くないことが起こった
という人が多かったです。
それって心配なんですけど。

厄年は7色のものを身につけると良いらしいということで、ネットでいろいろ物色中です。
「厄年 7色」で検索するとパワーストーン的なものが上位にヒットしますね。
ブレスレットやストラップが多いんですが、やっぱりそれが良いんでしょうか。

母親が厄年の時は、7色の革のがま口を使っていました。
それがかわいいくて、お願いして譲ってもらったのを覚えています。

いつ頃までにあったらいいんでしょうね。
もう少し探してみます。